NY為替(28日):資源国通貨が上昇、中国緩和観測で

ニューヨーク外国為替市場では、主 要な商品輸出国であるオーストラリア、ニュージーランド(NZ)、カ ナダの通貨が5カ月ぶり高値に上昇。中国が追加の金融緩和を実施する との見方から、エネルギーや原材料の需要が高まるとの観測が広がって いる。

ユーロは主要16通貨中12通貨に対して上昇。ドイツの3月のインフ レ率は低下したが、低下幅は一部の市場予想よりも小幅だった。欧州中 央銀行(ECB)は来週、定例政策委員会を開催する。オーストラリ ア・ドルは週間ベースでは約2カ月で最大の上げとなる勢い。中国の李 克強首相が経済成長率を「妥当なレンジ」内で維持することに自信を示 したことが手掛かり。円は主要31通貨すべてに対して下落した。

ソシエテ・ジェネラルのシニア為替ストラテジスト、セバスチャ ン・ゲーリー氏(ニューヨーク在勤)は「ここ2週間、資源国通貨には 非常に強い関心が集まっている」と指摘。市場関係者は中国の景気減速 を「循環的なものと捉えており、減速の度合いが弱まれば諸問題も改善 し、循環的な回復に戻って資産価格や資源国通貨などを押し上げる可能 性がある」と考えていると述べた。

豪ドルとNZドル、カナダ・ドルのバスケットは、円と米ドルに対 して102.56と、昨年10月22日以来の高値を付けた。

ユーロ、ドル、円

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.1%高 の1ユーロ=1.3752ドル。一時0.3%安の1.3705ドルと2月28日以来の 安値を付けた。週間では0.3%安、月間では0.4%安となっている。

ユーロは対円では前日比0.7%上げて1ユーロ=141円40銭。週間で は0.3%高、月間では0.7%高となっている。円は対ドルでこの日0.6% 安の1ドル=102円83銭。円は対ドルで週間では2週連続安、月間では 1%下げている。

主要9通貨の組み合わせの3カ月物インプライドボラティリティ (IV、予想変動率)に基づくドイツ銀行の通貨ボラティリティ指数 は7.36%と4日ぶりに低下。前日は7.51%だった。24日には7.02% と、12年12月以来の低水準に下げていた。過去1年間の平均は8.56%。

ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.1%上昇の1016.26。米商 務省が発表した2月の個人消費支出(PCE)は前月比0.3%増加と、 過去3カ月で最大の伸びとなった。所得も増加した。シカゴ連銀のエバ ンス総裁は、当局が来年後半に利上げを実施するとの見解を示した。総 裁はブルームバーグテレビジョンのインタビューで語った。

欧州インフレ

ドイツ連邦統計局が28日発表した3月の消費者物価指数(CPI) 速報値は、欧州連合(EU)基準で前年同月比0.9%上昇。インフレ率 は2月の1%から低下した。エコノミスト26人の予想中央値とは一致。 EU統計局(ユーロスタット)は3月のユーロ圏インフレ率を31日 に 発表する。

またスペイン国家統計局が発表した3月のCPI(EU基準)は前 年同月比0.2%低下。低下は09年10月以来となる。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロン(BNYメロン)のグローバ ルマーケッツストラテジスト、マイケル・ウールフォーク氏(ニューヨ ーク在勤)は「市場は欧州の弱いインフレ指標に敏感になっているが、 最終的にはユーロのショートを維持させるだけの材料にはなっていな い」と述べた。

原題:Currencies of Commodity Producers Gain Amid China Stimulus Bets(抜粋)

--取材協力:Liz Capo McCormick.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE