中国短期金利、12営業日ぶりに低下-李首相が景気刺激を示唆

中国金融市場では28日、指標の短期 金利が12営業日ぶりに低下した。中国の李克強首相が景気を刺激する措 置を講じる可能性があることを示唆した。

中国中央政府のウェブサイトに掲載された声明によれば、李首相は 経済に対する圧力の高まりから生じる「困難とリスク」を中国は無視す ることができないと述べた。

銀行間資金の取引センターNIFCが毎営業日まとめるフィクシン グによれば、7日物レポ金利は前日比65ベーシスポイント(bp、1b p=0.01%)低下の4.18%。3週間で最大の下げとなった。週間ベース では59bp上昇。

DBSグループ・ホールディングスのシンガポール在勤エコノミス ト、ユージン・リュー氏は「社債デフォルト(債務不履行)と成長鈍化 を懸念している政策当局には金利引き下げの余地と手段がある」と述べ た。

原題:China Money Rate Snaps 11-Day Gain as Li Signals Policy Easing(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE