クレディS元バンカー運営マトリンパターソン2040億円募集へ

スイス銀行2位クレディ・スイス・ グループの元バンカー2人が創業した投資会社マトリンパターソン・グ ローバル・アドバイザーズは、新たに設定するグローバル・オポチュニ ティーズ・ファンドのために最大20億ドル(約2040億円)の募集を目指 している。

ニューヨークに拠点を置き、元バンカーのデービッド・マトリン氏 とマーク・パターソン氏が運営する同社は、ディストレス債の購入を通 じて企業の経営権を掌握する投資手法を採用している。2008年の金融危 機以降に顕著な投資判断の失敗を幾つか経験しており、新たなファンド の募集額は前回のファンドよりも60%程度少ない。

事情に詳しい関係者2人が非公開情報であることを理由に匿名で語 ったところでは、新たなファンドの募集目標額は15億-20億ドル。前回 のファンドは、買収ブームがピークだった07年に設定され、清算時の運 用資産額は50億ドルだった。

マトリンパターソンは、欧州の銀行が資産売却を迫られる状況から 利益を得ることを目指し、新たな資金集めの準備に動いている。

マトリンパターソンの社外広報担当を務めるジョエル・フランク・ ウィルキンソン・ブリマー・キャッチャーのアンドルー・シーゲル氏 は、コメントを控えている。

原題:MatlinPatterson Said to Seek $2 Billion After Crisis Errors (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE