スペインのマーリンがIPO計画、国内最大REITへ-関係者

スペインのマーリン・プロパティー ズは今夏までに新規株式公開(IPO)を実施しする計画で、国内最大 の不動産投資信託(REIT)となる見通しだ。事情に詳しい関係者1 人が明らかにした。

情報が公表されていないことを理由に関係者が匿名で語ったところ によると、ドイツ銀行の不動産投資部門(旧名RREEF)の元ディレ クターらが率いるマーリンの規模は、今月上場したREITのヒスパニ ア・アクティボス・イモビリアリオスの2倍余りとなる。ヒスパニアの 時価総額は約5億3000万ユーロ(約740億円)。

関係者によれば、ブルックフィールド・プロパティ・グループの欧 州責任者だったデービッド・ブラッシュ氏がマーリンの最高投資責任者 (CIO)に就任するほか、RREEFスペインの元ディレクターで資 産運用会社マジック・リアル・エステートの創業者イスマエル・クレメ ンテ、ミゲル・オレロ両氏が経営陣に名を連ねている。

米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO) のビル・グロース氏やクオンタムのジョージ・ソロス氏、資産家ジョ ン・ポールソン氏らの投資家は、スペイン不動産市場が6年に及んだ不 況から回復しつつあるとして同国REITへの投資を加速させている。

マーリン・プロパティーズとマジック・リアル・エステートの関係 者からはIPO計画に関するコメントは得られていない。

原題:Merlin Properties Said to Plan IPO to Form Largest Spanish REIT(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE