豪中銀は今秋利上げも、鉱業投資以外にも強み-ルーミス

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)は過去最低水準にある政策金利を年内に引き上げる可能性がある と、ルーミス・セイレスが予想した。住宅から観光までさまざまな分野 で業況が堅調に推移、経済は鉱業投資だけに依存する形になっていない ためだと分析している。

豪中銀のスティーブンス総裁は26日、鉱業主導から内需主導型の成 長に移行する有力な初期の兆しが見られるとし、年内に国内経済の勢い が増す可能性があると述べた。今月に入り住宅建設許可件数や貿易、雇 用統計がいずれもアナリスト予想を上回ったことを受け、利上げ観測が 強まっている。ブルームバーグが調査したエコノミスト32人のうち12人 は、年内の利上げを予想している。現在の政策金利は過去最低 の2.5%。

ルーミスの豪州・ニュージーランド担当シニア・ソブリンアナリス ト、リック・ハレル氏は質問状への電子メールでの25日付回答で、「中 国発の大きなショックがなければ、今秋にも利上げがあるかもしれな い」と指摘。「豪州は鉱業以外にも強みがあることが国内の統計で確認 された。鉱業投資以外の分野でも経済活動が活発だ」と語った。

原題:Loomis Sees RBA Rate Increase as Australia’s No One-Trick Pony(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE