イエレン氏の6カ月発言、長短金利差に連動の仕組債に打撃も

米連邦準備制度理事会(FRB)の イエレン議長が先に、2015年の早い時期の利上げ開始の可能性があると の趣旨の発言をしたことで、期間が短めの金利と長めの金利との差に連 動した仕組み債に打撃となる可能性がある。これは今年最も人気を博し ている仕組み債の一つだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。