シカゴ連銀総裁:15年後半利上げと予想-時期はインフレ次第

シカゴ連銀のエバンス総裁は28日、 米連邦準備制度理事会(FRB)が来年後半に恐らく利上げを実施し、 具体的な時期は物価上昇ペースに左右されるとの見解を示した。

同総裁はブルームバーグテレビジョンのベティ・リュー司会者との 香港でのインタビューで、「インフレは加速し、それが最終的には利上 げの理由となるという考えに傾いている」と発言。「私の見解では2015 年後半になる可能性が最も強い。自分が選択するなら、それより若干長 く待つだろう」と述べた。

イエレンFRB議長は19日の連邦公開市場委員会(FOMC)後の 会見で、債券購入プログラムは今秋にも終了する見込みであり、そのお よそ6カ月後にも政策金利を引き上げる可能性があるとの認識を示し た。エバンス総裁は28日のインタビューでこの見方について、「少なく とも6カ月というのが私の予想だ」と述べた。

同総裁はまた、失業率が5.5%に下がるまでゼロ金利を維持し得る との米ミネアポリス連銀のコチャラコタ総裁の考えに「非常に賛同す る」と語った。

エバンス総裁は米経済について「現在の状態はかなり良いようだ」 と分析。「天候要因で鈍い成長にとどまった1-3月期を除いた今年か ら来年にかけての成長率のランレート(過去の傾向を基にした予測)を 約3%と予想している」と述べ、「雇用拡大や個人消費の伸びにつなが る成長の大幅改善になると思う」と指摘した。

原題:Evans Sees Fed Raising Interest Rates in Second Half of 2015(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE