SACは「後悔」-インサイダー取引で司法取引の承認求める

米SACキャピタル・アドバイザー ズは連邦地裁に対し、インサイダー取引事件をめぐり政府と合意した司 法取引を承認するよう求め、社員の違法行為を「深く後悔している」と 表明した。同社はインサイダー取引では過去最高額となる18億ドル (約1840億円)の支払いと投資顧問事業の閉鎖に同意した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。