中国江蘇省での銀行取り付け騒ぎ、うわさ流布で容疑者を逮捕

中国江蘇省にある複数の銀行で発生 した取り付け騒ぎで、警察はきっかけとなったうわさを広めたとして、 容疑者を逮捕した。地元住民に対しうわさに惑わされず、臆測を広めな いよう呼び掛けている。

同省塩城市の警察は、「蔡」という名字の容疑者を26日に拘束した と公式ミニブログで発表した。捜査は継続中だという。

江蘇射陽農村商業銀行が破綻したとのうわさで、同行の複数の支店 に24日、数千人の預金者が詰めかけた。同行や当局がこのうわさを否定 し、同行の顧客に対し預金の安全性を保証したにもかかわらず、地元住 民のパニックは収まらず、塩城市の他行の支店にも取り付け騒ぎが飛び 火した。

中国銀行業協会は26日、農村部の商業銀行は適切な資本・流動性水 準を備えており、業務は「健全」だとのコメントを発表。江蘇射陽農村 商業銀行が破綻するリスクはないと説明した。同協会は農村部の銀行に 対し、手持ちの現金を増やし、預金引き出し要請にいつでも応じること ができるよう営業時間を延長するよう指示した。

原題:China Detains Suspect for Spreading Rumor Leading to Bank Run(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE