米JPモルガン、株式ブローカレッジでトップ3入り目指す

米銀最大手JPモルガン・チェース は株式ブローカレッジ事業について、世界ランキング3位圏内を目指し ている。資本市場や株式デリバティブ(金融派生商品)、投資銀行分野 に比べ、後れを取る同事業の引き上げを図る。

JPモルガンの株式グローバル責任者ティム・スロスビー氏(ロン ドン在勤)は現在6位にあるブローカレッジ事業で順位を上げるため同 行が電子取引の拡大などを目指していると述べた。調査会社コーリショ ンによると、同行の番付は投資銀行や株式オリジネーション、債券、商 品、通貨の業務で首位、デリバティブで2位となっている。

スロスビー氏はロンドンでのインタビューで「当行にとって大きな 課題の1つはブローカレッジを他と同じレベルに引き上げることだ」と した上で「われわれが改善に取り組み、大きな機会があると考える具体 的な分野が幾つかある。3、4位が中期的には現実的だが長期的には 2、3位が視野に入る」と述べた。この課題の達成に向け増員は計画し ていないという。

同行は取引高や収益性の落ち込みに苦しむ金融業界でライバル行を 追い抜くには、電子プラットホームやヘッジファンドサービスへの投資 が鍵を握るとみている。UBSのアナリスト、デレク・デフライス氏ら によると、助言や営業などに力を注いでいたJPモルガンはこうしたサ ービスの提供で出遅れている。

原題:JPMorgan Aims for Top Three Stock Brokerage After Lagging Behind(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE