RBC:高頻度取引に対抗で新市場支持-ゴールドマンに続き

資産規模でカナダ第2位の銀行ロイ ヤル・バンク・オブ・カナダ(RBC)は、コンピューターを駆使した 高頻度取引の悪影響を緩和する目的で5カ月前に開設された米国株の新 取引システムIEXを支持している。米ゴールドマン・サックス・グル ープに続く動きだ。

RBCのグローバル株式責任者のグレッグ・ミルズ氏と米国株責任 者のボビー・グルーベルト氏連名の社内文書によると、同行子会社の RBCキャピタル・マーケッツは昨年10月にIEXで初の取引を行っ た。同システムを運営するIEXグループの創設メンバーはRBC出 身。

同行広報担当のケイト・コネッタ氏は社内文書の内容は事実だとし たが、それ以上のコメントは控えた。

RBCは株式取引の公正さを高めるためとし、ソフトウエアの面で 顧客の株式注文を高頻度取引から保護する措置を講じている。世界最大 級ブローカー各社が持つダークプールと呼ばれる私設取引システムも運 営していない。

IEXによると、1日平均の売買高は3月で約1800万株。ブルーム バーグのデータに基づく今年の米国市場全体の売買高平均69億株の1% にも満たない。

ゴールドマンは先週、同社のダークプールでの取引量が減少したと しても、「IEXが本格的に普及すれば市場全体にとってはベストだ」 との認識を社内文書で示していた。

原題:RBC Joins Goldman Sachs Voicing Support for New Stock Market(抜粋)

--取材協力:Sam Mamudi、Doug Alexander.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE