【日本株週間展望】堅調、先進国最下位から再起-増税は警戒

4月1週(3月31日-4月4日)の 日経平均株価は、1万4000円台後半で堅調に推移しそうだ。期末特有の 需給悪化要因が消え、先進国市場の中で1-3月をワーストパフォーマ ーで終える日本株の割安性、企業業績モメンタムの優位性が見直され る。一方、消費税増税後の国内景気の減速には警戒感が強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。