経産省:石油製品需要、18年度までに平均1.7%減少-予測を公表

経済産業省は石油製品の需要予測を まとめ、18年度までの5年間で平均1.7%減少するとの見通しを示し た。同省が28日午前に開催した経産相の諮問機関、総合資源エネルギー 調査会の市場動向調査ワーキンググループ会合で報告した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。