ノルウェー公社をデフォルト認定せず、東京地裁-償還請求を棄却

米ヘッジファンドのシルバー・ポイ ント・キャピタルが、ノルウェー輸出金融公社発行のサムライ債の繰り 上げ償還を求めた訴訟で、東京地裁は28日、ファンド側の訴えを退ける 判決を言い渡した。金融危機後の規制強化から同公社が新規融資を停止 したことが「デフォルト(債務不履行)につながる」と主張してきた が、受け入れられなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。