NY銅先物:上昇-世界の鉱山からの供給が予想下回る懸念

27日のニューヨーク銅先物相場は上 昇。鉱山各社が生産の減少を明らかにしていることで、世界の鉱山から の供給が予想を下回る懸念が高まり、相場が押し上げられた。

フリーポート・マクモラン・コッパー・アンド・ゴールドは、イン ドネシアのグラスバーグ鉱山の稼働率が約50%であることを明らかにし た。リオ・ティント・グループ傘下の企業は26日、モンゴルのオユ・ト ルゴイ鉱山の生産見通しを引き下げた。アングロ・アメリカンは今週、 チリにある同社最大の鉱山での操業を1日停止した。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズのシニア市場ストラテジ スト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話取材に対 し、生産の減少は「相場にとって強気材料になるだろう」と指摘した。 「価格が3ドルを下回る水準が続くと利益が見込めないというのなら、 多くの鉱山会社が銅の生産は採算に合わないと判断するだろう」と述べ た。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の銅先物5 月限終値は、前日比0.9%高の1ポンド=2.993ドル。

原題:Copper Futures Rise on Concern Mine Supplies Will Trail Outlook(抜粋)

--取材協力:Eko Listiyorini、Yoga Rusmana、Jae Hur、Liezel Hill.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE