ブラジル株:ボベスパは半年ぶりの大幅高-国営企業株に買い

27日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が半年ぶりの大幅高。世論調査でルセフ大統領の支持率 が下がったことから、ブラジル中央電力など国営企業株が買われた。ル セフ氏は10月の大統領選挙で再選を目指している。

ニューヨークのヘッジファンド、ツリー・キャピタルのマネジング パートナー、ルイス・カルバリョ氏は電話インタビューで、「市場は現 政権を嫌っている。大統領選挙でルセフ氏が敗れる可能性は極めて小さ いと見られてきたため、大統領にとっての悪いニュースは市場で好感さ れる」と指摘。「支持率低下で野党勝利の確率が高まる。市場にとって かなりの明るい材料だ」と述べた。

ボベスパ指数は前日比3.5%高の49646.79で終了。1日の上げ率と しては昨年9月2日以来の大きさ。通貨レアルはサンパウロ時間午後5 時24分(日本時間28日午前5時24分)、1.8%高の1ドル=2.2627レア ル。ルセフ大統領の支持率は抗議デモの影響で昨年7月に過去最低を記 録していた。支持率の低下はそれ以来となる。

ブラジル中央電力は9.8%高。ブラジル石油公社(ペトロブラス) は8.1%上昇し、ボベスパ指数の上げに最も寄与した。ブラジル銀行 も6.6%値上がりし、2012年7月以来の大幅高。食肉加工のマルフリ グ・グローバル・フーズは3.5%高。海外子会社2社の株式を公開する ことで負債比率が3分の2に縮小し、業務拡大が加速するとの見通しを 示したことが好感された。

一方、ドラッグストアチェーンのブラジル・ファルマは11%下落。 四半期決算が予想外の赤字となったほか、債券の条項への違反を明らか にしたことが響いた。

原題:Ibovespa Surges Most in Six Months as Rousseff Sinks in Poll(抜粋)

--取材協力:Anna Edgerton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE