ダドリーNY連銀総裁:FRBは新興国の影響に留意する必要

米ニューヨーク連銀のダドリー総裁 は、新興国が金融の動揺に対処する態勢を一段と整えてきたものの、米 連邦準備制度理事会(FRB)当局者は国内政策目標を追求する上で世 界の金融安定に関する懸念に留意すべきだとの見解を示した。

ニューヨーク連銀の27日の発表によると、ダドリー総裁は「世界の 準備通貨としてのドルの役割を踏まえれば、FRBは世界的な金融安定 の促進に資する方法で政策を運営する特別な責任がある」と指摘。 FRBを含む各国の中央銀行はそれぞれの政策を効果的に伝え、与信の 行き過ぎを阻止することで「世界のより良い管理責任者」になれると述 べた。

同総裁はさらに、「根本的な問題は米国の金融政策が物価安定と最 大限の持続可能な成長という2つの目標を支援しているかどうか、健全 な世界経済と整合的かどうかだ」とコメントした。

原題:Dudley Says Fed Must Be Mindful of Emerging-Market Impact (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE