ウクライナの債務は維持可能な水準と判断-IMF報道官

ウクライナ向けの救済パッケージを 準備している国際通貨基金(IMF)は、同国の債務が維持可能な水準 とみている。IMFのマレー報道官が27日の記者説明会で述べた。

IMFは140億-180億ドル(約1兆4300億-1兆8400億円)を2年 間で融資するプログラムについて事務レベルで合意した。2008年以降で 3回目となるウクライナ向け救済パッケージの実施には、IMF理事会 の承認が必要。早ければ4月に初回資金を受け取る前にウクライナ側は 「事前措置」を完了しなければならない。

同報道官は、「ウクライナの債務が維持不可能が水準であれば救済 パッケージの準備は進めない」と述べ、「プログラムを進めているとい うことは、現段階で債務再編を予測していないことを示唆する」と続け た。

原題:IMF Sees Ukraine’s Debt Level as Sustainable, Spokesman Says(抜粋)

--取材協力:Volodymyr Verbyany、Andra Timu、Daryna Krasnolutska、Daria Marchak.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE