米アライ:IPOで政府の9500万株売却へ、最大27億ドル調達

2008年の金融危機時に米政府が救済 した自動車・住宅ローン会社アライ・ファイナンシャル(旧GMAC) は、財務省が保有する同社株を新規株式公開(IPO)で売り出す計画 だ。IPOでは最大27億ドル(約2758億円)の調達を見込んでいる。

米証券取引委員会(SEC)への届け出によると、財務省は1株当 たり25-28ドルで9500万株を売り出し、持ち株比率を17%に引き下げる 計画だ。現在の比率は37%。

政府は昨年11月に持ち株比率を74%から64%に引き下げた後、今年 1月に普通株30億ドル程度を個人投資家に売却、持ち株比率は37%とな った。

IPOの主幹事はシティグループ、ゴールドマン・サックス・グル ープ、モルガン・スタンレー、バークレイズが務める。アライはニュー ヨーク証券取引所での上場を目指しており、銘柄コードはALLY。

原題:Ally Financial IPO to Generate Up to $2.7 Billion for U.S. (1)(抜粋)

--取材協力:Ian Katz.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE