自閉症:胎内での脳の発達不全に起因か、早期治療に道も-研究

自閉症は胎内で一部の脳細胞が正常 に発達しないことから起こっている可能性がある。ニューイングラン ド・ジャーナル・オブ・メディスン誌で発表された研究が示した。発達 不全の細胞は多様なパターンを示しており、自閉症にさまざまな症状が あることの説明になると研究者らは指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。