中国でさらなるデフォルトも、資金繰り悪化で-モルガンS

中国企業のデフォルト(債務不履 行)は、資金調達コスト上昇と景気鈍化に押されて今後も続く見込み だ。米銀モルガン・スタンレーのアジア債券調査責任者、ビクトル・ヨ ルト氏(香港在勤)が26日のインタビューで、こうした認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。