アジア株:もみ合い-公益株が買われ、工業株安い

27日のアジア株式市場では、 MSCIアジア太平洋指数がもみ合いの展開。工業株が下げる一方で、 日本市場で公益株が買われた。

香港市場ではインターネット企業のテンセント・ホールディングス (騰訊)が5.7%安。ネット業界のバリュエーション(株価評価)が過 度に割高との懸念が背景。ソウル市場では海運会社の現代商船が7.2% 安。一方、親会社の資産購入計画を発表した中信泰富(CITICパシ フィック)は香港市場で16%高。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後2時40分現在、前日 比0.1%安の135.73。ウクライナ情勢をめぐる懸念から一時は0.7%安ま で下げる一方、0.1%高となる場面もあった。

原題:Asian Stocks Swing as Utilities Gain, Industrial Shares Decline(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE