おたく的関心で始まった出資が20倍、スパークの眼力-関係者

米ベンチャーキャピタル(VC)の スパーク・キャピタルは昨年6月、仮想現実(VR)技術を手掛ける米 オキュラスVRに出資した。スパークのパートナーがインターネットで オキュラスのゴーグル型端末を購入したことがきっかけだった。事情に 詳しい関係者らによると、今月フェイスブックが最大23億ドル(約2350 億円)でオキュラス買収に合意したことで、スパークの出資分の価値 は20倍に膨れ上がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。