BYDが新株発行計画を復活、香港上場分の最大20%-関係者

中国の自動車メーカー、比亜迪( BYD)は、香港に上場している同社株式の最大20%相当の新株を発行 する計画を復活させた。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。報 道を受けて同社株は下落した。

情報が非公開であることを理由に同関係者らが匿名で語ったところ によると、BYDは中国証券監督管理委員会(証監会)に申請書を提出 した。発行数は1億5860万株で、直近の終値に基づけば76億1000万香港 ドル(約1000億円)を市場から集めることになる。関係者の1人によれ ば、同社は約1年前に新株発行計画を見送っていた。

資金調達によりBYDが投資や電気自動車・バス生産を拡大する余 地が生まれる。同社の純債務は過去最高水準に達しており、バランスシ ート健全化にもつながる。

香港市場でBYD株は一時、前日比5.7%下落した。ハンセン指数 の下げは0.5%。

AMキャピタルのアナリスト、プラナブ・クマル・サルマ氏は今月 のリポートで、BYDは支出の必要性が高まっている一方で財務が悪化 しているため、資本市場からの資金調達が必要になるだろうと指摘して いた。

BYD広報担当のケアリー・ウェイ氏は、証監会に提出された増資 計画を関知していないと述べた。同社には投資家ウォーレン・バフェッ ト氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイが出資してい る。

原題:BYD Said to Revive Plans to Sell as Much as 20% of HK Shares (1)(抜粋)

--取材協力:Fox Hu.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE