中国のレアアース輸出規制、WTOが協定違反認定-米を支持

世界貿易機関(WTO)は、中国に よるレアアース(希土類)の輸出規制はWTO協定に違反すると認定 し、米国の主張を支持した。

WTOの紛争処理小委員会(パネル)は26日、中国がレアアースの ほかタングステンやモリブデンに輸出税や輸出枠を課したのは妥当では ないと判断した。

米通商代表部(USTR)のフロマン代表は電話会議で記者団に対 し、中国による輸出制限は「米国の製造業者を不利な立場に追いやり、 完全かつ公正な競争を妨げている」と語った。

中国は世界のレアアース生産の90%以上を占める。WTOの規定で は同国は60日以内に決定を受け入れるか、または異議を申し立てる必要 がある。商務省は電子メールで配布した声明で、同国は「パネルの報告 書を現在精査中で、この紛争を解決するためWTOの紛争解決手続きに 従う」と説明した。

米国や欧州連合(EU)、日本は2012年、中国によるレアアースの 輸出制限は貿易の流れを阻害し、国際価格を最大で中国企業が支払う水 準の3倍まで急騰させたとしてWTOに提訴した。

中国は輸出税は鉱業の汚染対策として必要であり、輸出枠やその他 の制限措置は天然資源保護のため必要だと主張していた。

原題:Trade Panel Backs U.S. in China Rare-Earth Mineral Dispute (2)(抜粋)

--取材協力:Michelle Yun.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE