日本株続伸、割安見直し午後反転-小売高い、権利落ち埋める

東京株式相場は続伸。米国経済統計 の低調、ウクライナ情勢への不安再燃で下げて始まったが、午後に入る と割安さを見直す買いが入り、上昇に転じた。小売株のほか、ガラス・ 土石製品や鉄鋼、化学など素材関連株が上昇。精密機器株も堅調で、日 経平均株価はおよそ102円の権利落ち分を埋めて上げた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。