トヨタ:3600億円上限に自己株取得へ、消却も-希薄化を回避

業績好調のトヨタ自動車は3600億円 を上限に自己株を取得すると26日に発表した。自己株を提供して財団を 設立することに伴う株式価値の希薄化を回避し、機動的な資本政策を実 行するため。また、自己株の消却も実施する。アナリストからは、株主 還元策として評価する声が出ている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。