ブラジル株:ボベスパ指数反落-7連騰は行き過ぎとの見方で

26日のブラジル株式市場では、指標 のボベスパ指数が8営業日ぶりに反落。景気に弱含みの兆候が見られる 中で、同指数のバリュエーションを6週間ぶり高水準に押し上げた7連 騰は行き過ぎだったとの見方が広がり、大半の銘柄が下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。