米国債:2週間ぶりの大幅高、クリミア情勢背景に入札が好調

米国債相場はほぼ2週間ぶりの大幅 高。ロシアのクリミア編入をめぐって緊張が高まる中、5年債入札で落 札利回りがほぼ3年ぶりの高水準となり、需要が高まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。