米国株:下落、オバマ大統領発言でクリミア情勢の悪化を懸念

26日の米国株は下落。S&P500種 株価指数は一時、最高値まで3ポイント以内に迫っていたが上げを消し た。オバマ米大統領が国際社会の秩序が現在試されていると述べたこと をきっかけに、ウクライナ情勢がエスカレートする恐れがあるとの見方 が広がった。

フェイスブックは2012年9月以来の大幅下落。仮想現実(VR)技 術を手掛けるオキュラスVRの買収が嫌気された。人気スマートフォン ゲーム「キャンディークラッシュサガ」を手掛けるキング・デジタル・ エンターテインメントは急落。この日は取引初日だった。一方、衛星テ レビ放送のディレクTVは上昇。同業のディッシュ・ネットワークが合 併の可能性をめぐり接触してきたことが好感された。

S&P500種株価指数は前日比0.7%安の1852.56ポイント。ダウ工 業株30種平均は98.89ドル(0.6%)下げて16268.99ドル。

D.A.デービッドソンのチーフ投資ストラテジスト、フレデリッ ク・ディクソン氏は「ロシアのクリミア併合に対し米国や欧州連合 (EU)が制裁以外に実際にどような対応策を取るのか、世界中の投資 家が関心を寄せている」と述べ、「声明や行動などで状況がエスカレー トする可能性が示唆されれば、投資家は慎重になり利益を確定すること になるだろう」と続けた。

ナスダック・インターネット指数

ナスダック・インターネット株価指数は2.5%安。この日で6営業 日連続安となり、3月6日の高値からは11%下落した。ソーシャルメデ ィアやインターネット関連株が急なペースで買われ過ぎた可能性がある との警戒感が台頭した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)はこの日6.5%上昇して14.93。

オバマ米大統領はウクライナに対する無関心さがもたらす影響を警 告し、ロシアの行動は厳しく非難されるべきだと述べた。ウクライナへ の支援をめぐる同国と国際通貨基金(IMF)の協議は26日、完了に近 づいた。

米連邦公開市場委員会(FOMC)は債券購入をある特定の月に終 了する確約はしていないと、セントルイス連銀のブラード総裁が述べ た。一方で、購入額を減らすペースを当局が変更するには景気見通しの 大きな変化が必要だとも語った。

S&P500種産業別10指数のうち9指数が低下した。特に素材株や テクノロジー株が大きく下げた。

フェイスブックが安い

フェイスブックは6.9%安。同社は前日、オキュラスを約20億ドル で買収することで合意した。モバイル・ハードウエアの分野に初めて踏 み込む。

キング・デジタルは16%安。同社は前日の新規株式公開(IPO) で5億ドルを集めた。

一方、ディレクTVは5.7%高。ディッシュのチャーリー・アーゲ ン会長は最近、ディレクTVのマイク・ホワイト最高経営責任者 (CEO)に接触し、両社合併の可能性を協議した。事情に詳しい複数 関係者が明らかにした。

原題:U.S. Stocks Fall as Obama Comments Raise Concerns Over Crimea(抜粋)

--取材協力:Trista Kelley.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE