米国株:下落、オバマ大統領発言でクリミア情勢の悪化を懸念

26日の米国株は下落。S&P500種 株価指数は一時、最高値まで3ポイント以内に迫っていたが上げを消し た。オバマ米大統領が国際社会の秩序が現在試されていると述べたこと をきっかけに、ウクライナ情勢がエスカレートする恐れがあるとの見方 が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。