NY金:反落、5週ぶり安値-米統計受け緩和縮小継続の観測

ニューヨーク金先物相場は反落。5 週間ぶりの安値となった。米国の景気回復の兆しを背景に金融当局が緩 和縮小を継続するとの観測が強まり、価値保存手段としての金買いが減 退した。2月の米耐久財受注受注額は2.2%増と、市場予想を上回る伸 びとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。