ウクライナ、支援めぐるIMFとの交渉完了に近づく

ウクライナと国際通貨基金( IMF)は同国支援について27日に発表を行う公算が大きい。ウクライ ナ政府の当局者が明らかにした。

ヤツェニュク首相のオルガ・ラッポ報道官は電話取材で合意発表の 時期に関する質問に対し、「明日の可能性が最も高い」と答えた。マク シュータ経済副大臣によると、26日のキエフでの協議は政府の天然ガス 補助金をめぐる問題の解決が焦点となった。

シュラパク財務相は25日、IMFに150億-200億ドル(約1兆5000 億-2兆円)の融資を要請していると明らかにしていた。ウクライナ政 府は外貨準備の縮小や2008年以来3度目のリセッション(景気後退)入 りが懸念される経済の立て直しに取り組んでいる。

ドイツのショイブレ財務相は26日、ウクライナ支援ではギリシャ安 定化のために取られた措置がモデルになるだろうとの見通しを明らかに した。

ウクライナ政府がIMFと合意に達しても、それは暫定的なものに なる。IMFの手続きの下、交渉団はワシントンの本部に戻って報告書 を作成する必要があり、その後数週間以内に理事会が融資承認のために 会合を開くことになる。

原題:Ukraine Nears End of IMF Bailout Talks as Obama Warns Russia(抜粋)

--取材協力:Fred Pals、Corina Ruhe、Jonathan Tirone、Patrick Donahue、Mike Dorning、Julianna Goldman.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE