スイス:金融監督庁トップに英国出身のブランソン氏を指名

スイス金融市場監督庁( FINMA)は、元UBSの幹部だった英国出身のマーク・ブランソン 氏(45)を最高経営責任者(CEO)に指名した。外国人のトップ就任 は少なくとも過去40年で初めて。

FINMAの26日発表によると、2月1日からCEO代理を務めて いるブランソン氏は4月1日に正式就任する。2010年以来、銀行監督責 任者を務めていた。同氏の国籍のほか、2012年12月に金利の不正操作問 題をめぐって15億ドル相当の制裁金を支払うことで合意したUBSに12 年勤務していた経歴を理由に、一部政治家は同氏起用に反対していた。

原題:Swiss Appoint British-Born Branson to Run Finance Watchdog (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE