スペイン:カタルーニャ州の主権主張、憲法裁が無効と判定

スペインの憲法裁判所は、カタルー ニャ自治州の主権主張は無効との判断を下した。これを受けて、中央政 府と独立分離派の緊張が悪化する恐れがある。

バルセロナのカタルーニャ州議会は今年1月、スペインからの分 離・独立を問う住民投票の実施に向けた主権を主張する決議を可決。首 都マドリードにある憲法裁は25日夜に電子メールで配布した判断で、こ の決議を無効とし、主権主張は「違法かつ無効」と見なされると説明し た。

ラホイ首相が憲法違反になると警告する中でも、カタルーニャ州の マス首相は住民投票を11月に強行する構えだ。同州の経済規模はスペイ ン全体の約20%を占め、ガス・ナトゥラルやカイシャ銀行などの大企業 が本社を置いている。

原題:Catalonia’s Claim to Sovereignty Blocked by Spanish Court (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE