ECB来週利下げも、ユーロ高・低インフレなら-ゴールドマン

欧州中央銀行(ECB)が4月3日 の政策委員会でリファイナンスオペの最低応札金利と中銀預金金利を引 き下げる可能性があると考えるのは妥当だと、ゴールドマン・サックス のエコノミスト、ディルク・シューマッハ氏が顧客向けリポートで指摘 した。

ECBが利下げを決定する前提条件として同氏は、ユーロ圏の3月 のインフレ率が一段と低下することと、ユーロが対ドルでの上昇を再開 し1ユーロ=1.40ドルの水準に近づくことを挙げた。

小幅な利下げはマクロ経済的には形ばかりの色合いが濃いとも、同 氏は指摘。その上で、大規模な資産購入などの積極的な行動に踏み込む 可能性は低いとし、そのような対応を促すには少なくとも、マクロ経済 見通しの急激な悪化が必要だろうと書いている。

原題:ECB May Cut Rates Next Week on Strong EUR, Weak CPI: Goldman(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE