中国:市場金利開始価格の算出法変更へ、操作防止で-関係者

中国人民銀行(中央銀行)は短期市 場金利の取引開始価格の算出法を変更する計画だ。不正操作防止を狙 う。事情に詳しい関係者2人が明らかにした。

市場参加者に送付された提案書によると、人民銀傘下の銀行間資金 取引センターNIFCは、翌日物と7日物のレポ金利について、上海時 間午前9時から50の金融機関に匿名で金利の提示を求め、同9時30分に 公表する開始価格の算出に活用する。

同関係者によれば、NIFCは変更の時期は示していない。開始価 格は現在、その日最初に成立した取引で記録された価格とされている。

広発銀行の債券アナリスト、李海涛氏(上海在勤)は算出法の変更 について「流動性の実態が指標にいっそう反映されるのを手助けする」 とコメント。適用対象が多い7日物レポ金利が薄商いによってゆがめら れることは、当局にとって望ましくないと指摘した。

原題:China Plans Change to Opening-Price Mechanism of Money Rates (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE