シリコンバレーのお株奪うサンフランシスコ-寂しさ感じない

米メリーランド州からやって来た24 歳のソフトウエアエンジニア、J・M・マイヤーズさんが仕事を見つけ たのはシリコンバレーではなく、サンフランシスコだ。モバイル広告の ベンチャー企業タップセンスに勤めており、寂しさは全く感じない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。