米上院:ウクライナ支援27日可決へ、民主がIMF条項削除

米上院の与野党はウクライナ支援法 案の可決に向けて合意に達した。共和党が反対していた国際通貨基金 (IMF)改革に関する条項を削除することを、民主党のリード上院院 内総務が受け入れたため。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。