米上院:ウクライナ支援27日可決へ、民主がIMF条項削除

米上院の与野党はウクライナ支援法 案の可決に向けて合意に達した。共和党が反対していた国際通貨基金 (IMF)改革に関する条項を削除することを、民主党のリード上院院 内総務が受け入れたため。

リード氏は25日夜、院内で記者団に対し、修正案は最終的な通過に 向け、27日に上院で採決されるとの見通しを示した。「最も重要なのは 支援がいま行われることだ」とも語った。

ウクライナ支援法案には約10億ドル(約1020億円)の融資保証や1 億5000万ドルの直接的支援などが盛り込まれている。共和党のマコネル 上院院内総務は記者団に、争点となったIMF改革条項を含んだままで は、法案が下院を通過するのは不可能だったと述べた。

原題:Senate Reaches Deal on Ukraine Aid as Reid Drops IMF Provision(抜粋)

--取材協力:Derek Wallbank、Richard Rubin、David Lerman、Laura Litvan.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE