米では解雇手当も課税対象、連邦最高裁が判決-税収1000億円

米連邦最高裁は25日、解雇手当への 課税について、連邦保険拠出法(FICA)が定める社会保障およびメ ディケア(高齢者向け医療保険制度)課税の対象になるとの判決を下し た。10億ドル(約1023億円)を上回る税還付が求められる可能性のあっ た下級審の判断を無効とした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。