カーライル傘下PQホールディングス買収に複数の企業が関心

米投資会社カーライル・グループ傘 下の化学品メーカー、PQホールディングスの買収に複数の企業が関心 を示している。事情に詳しい関係者が明らかにした。同社は先月、新規 株式公開(IPO)を申請している。

プロセスが非公開であることを理由に関係者が匿名を条件に語った ところによると、ブラックストーン・グループとKKR、クレイトン・ ダビリアー・アンド・ライス(CDR)がペンシルベニア州に本社を置 くPQに買収を提案した。

関係者の1人によれば、ルイジアナ州の特殊科学品メーカー、アル ベマールも関心を示している。買収額は30億-40億ドル(約3070億 -4100億円)になる可能性があると2人の関係者は述べた。

カーライルとブラックストーン、KKR、CDRの代理人はいずれ もコメントを控えた。アルベマールの広報担当アシュリー・メンドーザ 氏はコメントを求める電話取材に対してこれまでのところ返答していな い。

PQは2月11日、4億5000万ドル規模のIPOを申請。規模は手数 料算出のための暫定的な数字で変更される可能性があり、同社の評価を 示すものではない。申請書類によると、バンク・オブ・アメリカ (BOA)とクレディ・スイス・グループ、JPモルガン・チェースが IPO業務を担当する。

原題:Carlyle’s PQ Holdings Said to Draw Offers From Blackstone, KKR(抜粋)

--取材協力:Jack Kaskey.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE