債券は下落、日銀オペ結果受け長期ゾーンに売り-スティープ化圧力も

債券相場は下落。日本銀行が実施し た長期国債買い入れオペの結果を受けて長期ゾーンを中心に売りが優勢 だった。超長期債も安くなり、利回り曲線にはスティープ(傾斜)化圧力 が掛かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。