歴史認識や安保で国会白熱化、アベノミクス議論失速も-安倍政権

南京大虐殺や従軍慰安婦問題など歴 史認識や、集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈の変更をめぐる論 戦が国会で活発化している。与党内では安倍晋三首相がこうした課題へ の対応に政治的エネルギーを割くことで、経済政策「アベノミクス」の 取り組みに悪影響を与えかねないとの懸念も出始めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。