米エネルギー輸出規制撤廃求める議員に追い風-対ロ制裁で

アラブ諸国による石油禁輸後のこの 数十年間、米国は国家安全保障上の観点からエネルギー自給率向上を図 り、輸出を規制してきた。

しかしロシアがクリミア編入手続きを完了し、ウクライナ国境部に 軍を集結させるなどウクライナ情勢が緊迫化する中、ロシアへの制裁を 目的に輸出規制撤廃を求める米議員に追い風が吹いている。

米議会の3委員会が今週、米国のエネルギー輸出拡大の是非をめぐ り公聴会を開く。公聴会では欧州のロシア産原油・天然ガスへの依存度 を減らすなどの狙いで輸出拡大を認めるべきかどうかが議論される。欧 州は現在、天然ガスの約30%をロシアからの輸入に頼っており、この天 然ガスのパイプラインはウクライナを経由している。

原題:Punishing Putin Fuels Energy-Export Drive in U.S. Congress (2)(抜粋)

--取材協力:Mark Drajem.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE