米国債:30年債下落、5年債との利回り差が拡大

米国債市場では30年債相場が下落。 5年債との利回り差は拡大した。金融緩和による景気刺激策が縮小され ても景気は力強さを維持するとの見方から、長期債を中心に売りが優勢 になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。