3月25日の米国マーケットサマリー:株が反発、30年債が下落

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3824   1.3839
ドル/円            102.25   102.24
ユーロ/円          141.35   141.49


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,367.88     +91.19     +.6%
S&P500種           1,865.63      +8.19     +.4%
ナスダック総合指数    4,234.27      +7.88     +.2%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .43%        -.01
米国債10年物     2.74%       +.02
米国債30年物     3.59%       +.02


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,311.40     +.30     +.02%
原油先物         (ドル/バレル)   99.25      -.35     -.35%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロが主要16通貨の大半に対し て値下がり。域内の景況感指数が市場予想を下回ったことから、景気回 復への道のりは一段と厳しくなるとの見方が強まった。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が追加の刺激策についてシグ ナルを発しなかったことから、ユーロは対ドルでの下げを縮めた。この 日発表されたドイツの企業景況感指数は市場の予想以上に低下した。ま たロイター通信は、欧州連合(EU)欧州委員会のタジャーニ副委員長 がユーロはドルに対して強過ぎると発言したと報じた。ブラジル・レア ルは上昇。前日にブラジルの信用格付けが引き下げられたが、年内はこ れが唯一の格下げになるとの見方が広がった。

ウエストパック銀行の北半球通貨担当チーフストラテジスト、リチ ャード・フラヌロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「ドイツ企業景況感 指数が低下し、その材料のみでユーロの押し下げには十分だったよう だ」とした上で、「市場ではユーロを大きくショートにしていたが、ド ラギ総裁からは一部で予想されていたようなユーロを大きく押し下げる ような発言は出なかった」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時57分現在、ユーロは対ドルで前日 比0.1%安の1ユーロ=1.3825ドル。一時0.6%安まで下げた。対円では ほぼ変わらずの1ユーロ=141円40銭。円は対ドルで1ドル=102円28 銭。

◎米国株式市場

25日の米国株は3営業日ぶりに上昇。商品株やヘルスケア株が買わ れた。3月の米消費者信頼感指数は6年ぶりの高水準だった。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前営業日比0.4%高の1865.12ポイント。ダウ工業株30種平均 は91.19ドル(0.6%)上げて16367.88ドル。

タングルウッド・ウェルス・マネジメントのシニア投資責任者、カ ーティス・ホールデン氏は、「状況は素晴らしいとは言えないが、まず まずだ」と述べ、「米国の経済成長は昨年末にかけてのペースからは減 速したようだ。最近になり、この辺で落ち着くだろうとの若干の安心感 があるのだろう」と続けた。

◎米国債市場

米国債市場では30年債相場が下落。5年債との利回り差は拡大し た。金融緩和による景気刺激策が縮小されても景気は力強さを維持する との見方から、長期債を中心に売りが優勢になった。

3月の米消費者信頼感指数が6年ぶりの高水準となり、30年債は3 日ぶりに下落した。利回り曲線は過去1週間、フラット化傾向にある。 米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長が年内に債券購入プロ グラムを終了し、その6カ月後にも利上げに踏み切る可能性を示唆した ことが背景にある。2年債入札(発行額320億ドル)では最高落札利回 りが2011年5月以来の高水準となった。

ノバスコシア銀行の金利ストラテジスト、ガイ・ヘーゼルマン氏 (ニューヨーク在勤)は「最初の利上げはまだ12カ月ぐらい先なのに、 市場はこうも早く多くを織り込むことができる。期間が短めの国債は来 年の利上げを完全に織り込み始めた。利益を確定するのが妥当な水準に 達してもいた」と指摘した。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後3時27分現在、30年債利回りは前日比2ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の3.58%。同年債(表面利率3.625%、2044年2 月償還)価格は3/8下げて100 25/32。

2年債利回りは1bp低下の0.43%。5年債利回りはほぼ変わらず の1.73%、10年債利回りは1bp上昇の2.74%となった。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は5週ぶり安値から反発。ロシアのウクラ イナ侵攻をけん制し、主要7カ国(G7)が制裁強化を警告したことを 背景に、安全逃避先としての金に買いが入った。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、トム・パワー氏は電話インタビューで、「ロシア要因で安 全逃避の買いが入っている」と指摘。「ここ最近は大きく下落したた め、現物需要が増える可能性もある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.1%未満上げて1オンス=1311.40ドルで終了。一時 は1305.90ドルと、中心限月としては先月14日以来の安値をつけた。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は反落。米エネルギー省が26日に発表す る在庫統計が10週連続の増加を示すとの思惑から、売りが優勢になっ た。ヒューストン運河の運営が部分再開されたことも売り材料。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の 市場調査ディレクター、アディソン・アームストロング氏は「26日の統 計では原油在庫が再び大幅に増加するだろう。現在は在庫が増加するシ ーズンだ。ヒューストン運河が早期に完全再開されれば、来週の在庫も 恐らく大幅に増加するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日 比41セント(0.4%)下落し1バレル=99.19ドルで終えた。終値として は17日以来の低水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE