中国投資で勝つには株を空売り、債券は避けよ-ヘッジファンド

国内市場での初のデフォルト(債務 不履行)を受けて、中国の債券への投資は手控えるべきだとの見方を、 ニューヨークを本拠とするヘッジファンドのマグラン・キャピタルが示 した。政府の介入と債務再編で債券保有者が損失を被る可能性を挙げ た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。