アジア株:もみ合い-米製造業指数低下とロシア景気後退懸念

25日のアジア株式相場はもみ合い。 前日に約1カ月ぶりの大幅高となったMSCIアジア太平洋指数は、英 マークイット・エコノミクスが発表した3月の米製造業景気指数が低下 したことやロシアの景気後退観測に押されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。