クリミア危機でロシアの対中原油輸出拡大の見通し-米欧に打撃

クリミア半島を震源とする危機はロ シアからの中国向け原油輸出を加速させ、原油をめぐる政治力学を一変 させる見通しだ。これに伴い、欧州のエネルギー輸入価格は上昇し、米 国の中東産燃料への依存度は高まると見込まれる。

中国は既にロシアから今後数年間で原油3500億ドル(約35兆8000億 円)相当を輸入することで合意している。さらにウクライナ編入手続き を完了したロシアに対する米欧の制裁発動もロシアと中国の関係強化を 促す公算が大きい。

このようなエネルギー取引のシフトの影響を克服するのは難しいと 考えられる。天然ガスの約30%をロシアに依存する欧州はすぐに頼るこ とができるような代替調達先をほとんど持ち合わせていない。シェール オイルのブームに沸いた米国でも原油需要の40%を輸入に依存してお り、世界の相場動向の影響を受けやすい。

米コンサルタント会社PKバーレジャーのエネルギー担当エコノミ スト、フィリップ・バーレジャー氏は「ロシアが売り込みに回り、アジ アの買い手が極めて有利に商談を進めることだろう」と述べ、ロシアへ の依存度を下げられない欧州各国が天然ガスの値上がりという形で最も 深刻な打撃を受けるとの見方を示した。

原題:Crimea Spat Pushes Russian Energy Toward China, Away From Europe(抜粋)

--取材協力:Rebecca Penty、Jim Snyder、Brian Wingfield、Jim Polson.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE