ロシア富豪、本国企業にNBAチームの所有権移転へ

米プロバスケットボール協会 (NBA)の「ネッツ」を買収したロシアの富豪ミハイル・プロホロフ 氏は、チームの所有権をロシアを本拠とする自身の企業に移す計画だ。

プーチン大統領はロシア人が所有する海外企業にロシアで登記して 自国政府に納税するよう要求しており、プロホロフ氏の計画はそれを満 たすことになる。同氏は24日にクレムリンで記者団に対し、計画は NBAのルールに適合しているとの認識を示した。同氏はネッツ買収後 にチームの本拠地をニュージャージー州からニューヨーク州ブルックリ ンに移した。それから2年足らずで、さらに大きな変更に踏み切る。

ベレス・キャピタルとズベルバンク・アセット・マネジメントは、 プロホロフ氏が投資資産を米議会の力の及ばない場所へ避難させる動き だとみる。オバマ米大統領はロシアのクリミア編入を受けて対ロ経済制 裁強化の方針を表明した。クリミアをめぐる対立は既にプロホロフ氏に 影響を及ぼしている。ロシア株式相場の下落で保有銘柄が売り込まれ、 同氏の純資産は今年に入って8億2300万ドル(約840億円)減少した。

ズベルバンク・アセットの在モスクワ責任者として運用に携わるア ントン・ラフマノフ氏は電話取材に対し、「予防的措置だろう。勝手を 知る本国に資産を移すという個人的な決断のようだ。市場は極めて悲観 的で、既に科された制裁だけでなく、それよりはるかに悪い事態を織り 込んでいる」と述べた。

ブルームバーグ・ビリオネア指数で保有資産が推計120億ドルとみ られるプロホロフ氏(48)は、ネッツの登記先をロシアに移す決定と制 裁との関連についてはコメントを控え、「ロシア企業が球団を所有する ことになる。これはどのNBAルールにも違反しない」と述べた。

NBA広報担当のマイク・バス氏は電子メールで、「ネッツはプロ ホロフ氏が米国に本拠を置く企業を通じて所有している」と指摘した上 で、所有構造の変更に関してプロホロフ氏から申し出はないと述べた。

原題:Billionaire Prokhorov Heeds Putin Call on Nets: Russia Overnight(抜粋)

--取材協力:Scott Soshnick、Erik Matuszewski.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE