豪中銀は通貨押し下げ図る可能性高い-ANZのスミスCEO

オーストラリア準備銀行(中央銀 行)は豪ドルの押し下げを図る可能性が高いと、オーストラリア・ニュ ージーランド銀行(ANZ)のマイケル・スミス最高経営責任者 (CEO)が指摘した。25日の外国為替市場で豪ドルは一時、米ドルに 対し3カ月ぶりの高値となった。

スミスCEOは同日、ブルームバーグテレビジョンのインタビュー に応じ、豪ドルは商品と関連性があるにもかかわらず、商品価格と共に 下落する状況になっていないと述べた。豪ドルはこの日、1豪ドル =0.9158米ドルと、日中の取引としては昨年12月10日以来の高値を付け た。シドニー時間午後1時51分(日本時間午前11時51分)現在は0.9146 米ドル。

同CEOは豪ドルについて「高過ぎるのではないか」とした上で、 「豪中銀総裁が若干の押し下げを図ると確信している」と述べた。

経済統計を受けて利上げ観測が強まっており、豪ドルは3月に対米 ドルで2.5%上昇と、主要16通貨で最大の上げとなっている。

原題:ANZ Bank CEO Sees Australia Central Bank Damping Strong Currency(抜粋)

--取材協力:Candice Zachariahs.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE